いざという時に覚えておきたい!無利息で利用できるキャッシング

大手消費者金融会社では無利息期間のサービスを設けているところがあるのをご存知でしょうか?

消費者金融会社の上限金利は2010年の出資法の改正により従来の29.2%から20%まで引き下げられました。しかし銀行の金利に比べたらまだまだ高金利なのは変わりません。たとえば50万円を実質年率18%で借りて一ヵ月で返した場合の支払総額は507397円となり利息は7397円となります。利息というのは言わば余分な出費です。

「だからキャッシングなんかしたくない」と思っている方は大勢おられると思います。

そのお気持ちわかります。どんなに手軽に借りれるからといってもキャッシングはできるだけ利用したくはありませんよね。しかし私たちは生活をしていく上でいつどんなトラブルにあってしまうのか未来のことはわかりません。なにかあった時、無利息で借りることができるこのサービスの存在を覚えておけば、いざというときの強い味方になってくれるかもしれませんよ?

とりあえず無料利息サービスが、どのような条件で利用できるのかをみていきましょう。

◆新規契約の方
無料利息キャンペーンが適応されるのはキャッシグを初めて利用する方のみという場合が多いです。つまり消費者金融会社としてはまだキャッシングを一度もしたことがない方を対象におためしの意味で無料利息期間を設けているわけです。

◆短期間で返せれるアテのある方
無料利息期間については会社ごとに異なりますが、だいたい7日間と30日間です。7日間はともかく30日間はけっこう長いなと思われるかもしれませんが、実際にキャッシングしてみると30日間なんてあっという間に来てしまいます。ですから必ず期間内に返済金を用意できる予定がある方だけが利用しましょう。

◆7日間の短期間も役に立つ
無料利息期間が7日間の会社は初めての利用者だけでなく、何回目の利用であっても最初の7日間はいつでも無料利息でキャッシングできるサービスです。これは上手に使えば役に立つかもしれません。たとえば「毎月の給料日前の金欠になる時にだけ利用する」「毎月一回の病院通いの時にだけ利用する」など毎月決まった時期にお金が少なくなり、なおかつ7日以内に収入のあてが必ずある人にとっては重宝します。何せ毎月ごとに借りても毎回7日間は無利息なのですから。

このように無料利息サービスは一見とても嬉しいサービスなのですが、無料利息期間の約束である30日間、または7日間を過ぎるとそれ以降は通常の高金利が適応されます。

しかし無料利息サービスは上手に使えば強い味方となってくれます。急な事故や入院などの出費に即日で何十万も工面するのは通常でしたらとても難しいことです。その一時だけお金を何とか工面してピンチをしのぎたい!そんな時は即日でポンと何十万も貸してもらうことができ、また期間内に返せば無利息なのですからこれはとても重宝しますよね。

しかし、とりあえずキャッシングをためしてみようかな・・と軽い気持ちで利用されるのはあまりオススメしません。こういうサービスがなぜあるのかをよく考えてみましょう。それは消費者金融会社は少しでも多くの方に、しかもまだ一度もキャッシングを利用したことのない顧客層を開拓したいという狙いがあるのです。

ですが即日で何十万も用意してもらえるのはキャッシングの大きなメリットであることにかわりありません。なぜならその時に資金の調達ができるかできないかで人生が変わることもあるのですから。

キャッシングを利用したことがない方でも、いざという時のためにこの無利息期間サービスの存在を覚えておくことは無駄にはならないでしょう。

閉じる