安心の銀行カードローン!専業主婦でも借りれます

専業主婦というのは自分で働いて収入を得ているわけではないので自由に使えるお金って意外と少ないないものですよね?

ましてや急にまとまったお金が必要になった時などなかなか工面することなんてできません。仲のいい友人にも借金のお願いなど頼みにくいですし親族に頼んでもいきなりではまとまったお金は用意しにくいものです。事情がありご主人に相談できない場合などどうすればよいのでしょうか?そんな時、収入のない専業主婦の方でもお金を借りることができるのが銀行のカードローンです。

◆収入のない人は借り入れできない総量規制
以前は収入のない専業主婦の方でも消費者金融会社からキャッシングすることができました。しかし現在は総量規制のため全く収入のない人はお金を借りることができなくなりました。総量規制を簡単にご説明しますと、お金を借りようとしている人は自分の年収の3分の1を超える金額は借りることができません。

つまり50万円を借りようとしましたら年収が150万円でなければ借りることができないのです。つまり全く収入のない専業主婦の方はキャッシングができません。しかしこの総量規制が決められた背景は高金利の消費者金融会社から利用者を守るためなのです。

この規制ができたことにより、以前のように自分の収入よりも借りすぎてしまい破産に追い込まれたりするケースが減りました。

◆銀行は総量規制対象外
この総量規制は消費者金融会社に対してのものですので、銀行は対象外です。ですから収入が全くない専業主婦の方でも、ご主人に収入があり扶養にされていて健康保険証を提示できる方ならば借り入れをすることができます。

◆銀行カードローンは低金利
たとえ総量規制にひっかからなくても実は消費者金融会社をあえて選ぶ必要はありません。それは何といっても銀行カードローンの方が圧倒的に低金利だからです。一般的に消費者金融会社の方はテレビなどでタレントを使い派手な宣伝をしてます。それに比べ銀行の借り入れは何だか地味なイメージですよね。

しかし大手の消費者金融会社の金利は宣伝されているほど決して低くはありません。たいがい消費者金融の金利の表示は最低金利○○%~最高金利○○%とあります。しかし実際に借り入れしてみるとわかりますが、ほとんどの方が最低金利ではなく、最高金利の方が適応されてしまいます。最高金利で見比べた場合、消費者金融の平均金利は18%ですが銀行カードローンですと最高金利は高くても14.5%です。

金利は借り入れ金とは別に払わなければならない言わば余分な出費です。当たり前ですが1円でも少ないことに越したことはありませんよね。というわけで専業主婦以外の方でも消費者金融会社よりもできれば銀行カードローンを利用されることをオススメします。

◆銀行カードローンのデメリット
消費者金融会社に比べて低金利がとても魅力的なの銀行カードローンなわけですがデメリットもあります。それは審査の厳しさと融資までのスピードです。これらの部分はどうしても消費者金融会社にかなわないかもしれません。しかし最近では即日融資の銀行カードローンも出てきました。急にまとまった資金が必要な時でもとりあえず銀行カードローンで即日融資できるところを探してみましょう。

このように低金利でとても嬉しい銀行カードローンではありますが気をつけなければならないことが一点あります。それは総量規制の対象外ということは年収などに関係なく借り入れをすることができてしまうということです。これはメリットでもありデメリットでもあります。

必ず返済計画だけはきちんと立ててから利用しましょう。

閉じる